ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

本に関する話

本についての話。

「いも」と言えば『芋虫』(江戸川乱歩)、そして『キャタピラー』(若松孝二監督)

今週のお題「いも」 こんなお題があったので、とりあえず…、江戸川乱歩の小説で『芋虫』というのがある。 (※以下ネタバレあり)

『日本は「右傾化」したのか』を買う

『日本は「右傾化」したのか』(小熊英二・樋口直人編/慶應義塾大学出版会)を買ったのだけど、この本のタイトルって…。 『日本人は右傾化したのか データ分析で実像を読み解く』(田辺俊介編著/勁草書房)と微妙に似ているのが気になる…。 ↓クリックして…

トランスジェンダーやフェミニズムの本

最近買った本。とりあえずこのあたりを読んでみようかな…、と。 ↓クリックしてね! にほんブログ村

フェミニズムとか学んでみようと…

個人的な話だが、さっきテレビで知人のおっさん(というかもう「おじいさん」…)が出ていたので驚いたりした。 さて、最近の記事で…。 lucyukan.hatenablog.com 「『トランスジェンダー差別反対』活動家(TRA活動家)」(一部に過激派が居る)のことや、フェ…

「リテラ」というサイトを褒めたり批判したりしてみる

主にネット左翼に人気があると思われる「リテラ」というサイトだが…。かつては支持者であったが、最近は見たくなくなってしまった。しかし久々に見てみると、「あまりにも左に偏り過ぎているし、見出しがやたらと煽り過ぎている」印象を受ける。はっきり言う…

『歪んだ正義』を読んでみようと思う

『歪んだ正義 「普通の人」がなぜ過激化するのか』(大治朋子著/毎日新聞出版)を読むことにした。 これは、このブコメに書いたように…。 歪んだ正義「普通の人」がなぜ過激化するのか | 毎日新聞出版 [ネット] [正義の暴走] 一部の反差別界隈の人は、この…

「安楽死・尊厳死」について。たとえ「狡猾」と言われようとも…

最近読んでいる本。主に「安楽死・尊厳死」に関係のあるもの。今はとりあえずざっと目を通しただけだが、じっくり読んだらいずれレビューを書くかも知れない。『死ねない老人』(杉浦敏之)とか『長生き地獄』(松原淳子)とかは面白いタイトルだと思う。 賛…

最近買った本

最近、通販や古本で買った本。主に「原発」に関するもので、賛成派・反対派問わずいろいろ読むことにした。いずれはレビューを書くかも知れない。 なお、私自身の原発に対するイデオロギーについては、ここでは明かさない。ただし、「脱原発派の言うことはす…