ろーだいありー

ゲームレビュー・ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、本の紹介、音楽レビュー、写真、映画評など。

戦争映画レビュー・1『ジョニーは戦場へ行った』(トランボ監督/1971年)

戦争映画レビュー・その1『ジョニーは戦場へ行った』(トランボ監督/1971年)

 

戦争映画のレビュー。

 

第一弾は、トランボ監督の『ジョニーは戦場へ行った』。

トランボ監督が書いた小説を原作とする。

 

第一次世界大戦に参戦して負傷し、手も、足も、耳も、目も無くし、口も聞けなくなった兵士・「ジョー」を主人公とする。江戸川乱歩の小説『芋虫』と似ている。

この「ジョー」は、病院に収容されている。

診察した医師は、彼は「何も考えていないだろう」と診断する。

しかし、彼には意識も意志もあり、何とか周囲と意思疎通を計ろうとする。その健気さ。

 

戦争を美化する話ではない。

戦争は愚かで、おぞましいものだ。

 

彼はその後どうなったのだろうか?

一生、暗闇の中で生き続けなければならぬ彼。

このままずっと、孤独なのか?

 

一度だけ結ばれた恋人とは、再会できたのだろうか?

彼女はその後どうしたのか?

別の男と結婚したのか? 

それとも、「ジョー」の帰りを待ち続けたのか?

それは分からない…。