ろーだいありー

ゲームレビュー・考察、本の紹介、音楽レビュー、写真、映画評など。

ゲームレビュー『シャイニングフォース・黒き竜の復活』(GBA/2004年発売)

『シャイニングフォース・黒き竜の復活』(ゲームボーイアドバンス/セガ/2004年発売)レビュー

 

これは、シミュレーションRPGの名作『シャイニングフォース・神々の遺産』(メガドライブ/セガ/1992年発売)を、ゲームボーイアドバンス用にアレンジして移植したものである。

しかし残念ながら、これは「劣化リメイク」だと思っている。

あまりにも原作を改変しすぎて、ダメになっている例。

 

特に、オリジナル版では喋ることのない主人公(一部例外あり)を、「喋るように改変」したのは、かなりマズいと思う。

他にも、新キャラ三名の追加や、シナリオ及びセリフの改変によって、オリジナル版の雰囲気が相当損なわれている。

 

あとは、グラフィックやサウンドにしても、オリジナル版の良さが失われてしまったのが残念だ。キャラクターデザインも、オリジナル版と同じ人が描いているのに、雰囲気がかなり違う…。

もうひとつ残念なのは、オリジナル版と比べて、バトルパートのテンポが非常に悪くなっている点だ。とにかく、敵の思考時間が長くなっているし、画面の切り替えなども遅い。

そう言いつつも、何故か何周も結構やり込んでしまった作品だった…。

 

 

「ゲームレビュー」カテゴリーの「人気ブログランキング」に登録しています。よろしければクリックお願いします☆


ゲームレビューランキング