ろーだいありー

ゲームレビュー・ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、本の紹介、音楽レビュー、写真、映画評など。

「ヤタガラスはなぜ怖ろしいのか?」に関しての付記

このブログで連載している「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」に関しての付記

これは、いずれは「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の第七回目でも書くつもりでいるのだが、第七回目の更新がいつになるか未定なので、先にここで書いておく。

このブログ中で、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』。プレイステーション2のRPG)に関しては、どんな形であれ二度と出すべきではない、と常に書いているのは、別の理由もあったということに今更気付いたので、付記しておく。

それは、近年の「明治礼賛」ブームに関係している。そう、政府による「明治150年キャンペーン」とかね…。

もしこの『超力兵団』(というよりは「葛葉ライドウ」シリーズ)の三作目(二作目は既に存在している)をこの先出すと、「遡って明治時代が舞台」なんてことになりかねない、という危機感がある(『超力兵団』は架空の1931年の日本を舞台とする)。

それのどこが問題か。それは、明治時代を舞台としてしまうと、より一層「日本スゴイ、戦争賛美、天皇崇拝賛美、大日本帝国礼賛」が強化されたシナリオになるのではないか、という懸念があるから。さらに「日露戦争は国防戦争だった」などという、間違った歴史観(これは「新しい歴史教科書をつくる会(「つくる会」)」などが言っている歴史観なのだが)を取り入れる可能性も高い。

NHKの大河ドラマなどならともかく、子どもと若者向けに作られた、「主人公になりきって遊ぶゲーム作品」では、このようなものを出すのは危険な側面があるだろう。

それからもうひとつ付記しておくが、この「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」には、「『つくる会』などの歴史修正(改竄)主義には徹底して対抗する」という意図は含まれるが、「天皇制は絶対に廃止せよ」というメッセージは込めていない。ブログ内でも「天皇制は廃止してもかまわないが、阻まれるからどうせ無理だろう」といったことは書いたが、特に天皇制・天皇家に強いこだわりがあるわけではない。

ただし、「天皇制には差別要素が含まれる。昭和天皇が戦争責任を取らなかったことは良くないと思う」といったことは書いた。だからといって、天皇制廃止論者なのかと言われても困るのだが(別に廃止論者ではない)。

私が伝えたいのは、「天皇制や天皇家を嫌う人たちも日本に存在するのに、この『超力兵団』のような、『天皇崇拝団体』を味方としたり、『大正天皇を命がけで護れ』などというシナリオがあるゲームを出すのは、特に子どもたちには非常に好ましくないだろう。戦前ならともかく、二十一世紀では…」ということだから。

続きは、「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」の第七回目で(更新日は未定だけどね…)。

参考文献

  • 「『明治礼賛』の正体」(斎藤貴男著/岩波ブックレット)

関連記事 

lucyukan.hatenablog.com