ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

GBA版『真・女神転生』プレイ記録・その1

今日から、GBA版『真・女神転生』のプレイ記録を付けようと思う。

今回は、以前作って残っていた途中データから再開する。このデータでは、すでに「ロウヒーロー、カオスヒーローを仲間にして、新宿まで行けるようになり、キーアイテムの『バーのマッチ』を入手したところ」までは進めている。なのでそれ以前の記録は無い。予めご了承あれ。

以前GBA版をやったときはカオスルートでクリアしたので、今回はニュートラルルートを目指そうかと思っている。

※以下ネタバレも含まれるので注意。

さて、重要アイテム「バーのマッチ」はすでに手に入れているので、「レジスタンスのアジト」へ入れるようになっている。ここでヒロインと出会うのだが、突如「ゆりこ」にさらわれてしまう。ちなみに「ゆりこ」と聞くと、どうしても「小池百合子」しか思い浮かばないのだが…。

ヒロインが処刑されるという話を聞き、「都庁」へ向かうと、ヒロインは磔にされている。「ゆりこ」が召喚した悪魔たちと連続で戦うが、ここはやたらと数が多いので苦労した。すべての悪魔を倒すと、ヒロインは解放される。

新宿で再びヒロインと出会い、彼女に協力することになる。ここでロウヒーロー、カオスヒーローとは一旦別れ、ヒロインが仲間になる。しかしカオスヒーローが抜けると「アギ」系魔法の使い手が減るので困るのだが…。ヒロインは「ジオ」系統の使い手だし。キーアイテム「偽造IDカード」も入手。

この「偽造IDカード」があれば「アメリカ大使館」に入れるので、「トールマン」と会う。トルーマンではない。「ゴトウ」を倒して欲しいなどと言われる。

「市ヶ谷駐屯地」にも入れるので、ゴトウに会いに行く。このエリアでは「ガイア教徒・とっこうたい」(「特攻隊」)なんて敵も出てくるが、街宣右翼そのものである…。

ゴトウに会う。どう見ても、マッチョな肉体を誇示する「三島由紀夫」その人にしか見えないが…。初めて見ると、仰天するに違いない。しかもバックには「天照大御神」と書かれた掛け軸もあるし、どう考えても「天皇好きの右翼」としか思えない。とはいえ、ゴトウは天皇がどうとかの話はしないのだが。「日本の神々が、ミサイル発射を防いでいるのだ」といった話はしていたが。

一旦外に出て、ゴトウを倒すための悪魔造りでもしようかと考える。今回は「アメノウズメ」、「ユニコーン」を生成してみることにした。なお、この時点では一度に三体までしか仲魔を召喚できない(後に再びロウヒーロー、カオスヒーローが仲間になるため)。

そして、「ジャックランタン」、「ユニコーン」、「アメノウズメ」を召喚した状態で再びゴトウに会い、「いいえ」と答え、ゴトウが召喚した悪魔たちを倒す。ここも数が多い。すべて倒すと、今度はゴトウと戦うことになる。ゴトウの使う「シバブー」は厄介であるが、ヒロインとユニコーンの「ペンパトラ」で何とか回復。さらにゴトウは「ディアラマ」まで持っている…。

ジャックランタンは倒されてしまったが、他は生き残り、何とかゴトウを倒す。「銘刀虎鉄」を入手。また、GBA版に限り、あるアイテムも入手できるが、これはGBA版のみ搭載のおまけ要素で「隠されたエピソードを見るために使う」ものであり、本編では使われない。

とりあえず、一旦新宿まで戻ったところで今回は終了。次回はまたいずれ。

 


女神転生ランキング