ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

GBA版『真・女神転生』プレイ記録・その2

GBA版『真・女神転生』プレイ記録の第二回目(ニュートラルクリアを目指している)。前回はこちら。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

※以下ネタバレも含まれるので注意。

 

前回は、市ヶ谷駐屯地で「ゴトウ」を倒して新宿に戻ったところまで。ジャックランタンが倒れているので回復道場で復活させる。なお、ゴトウを倒した状態で2Dマップに出ると、プレイヤーシンボルが右回りに変わっている。これは「ロウサイド」に傾いたという証し。

次に大使館へ行き、トールマンと会う。すると、トールマンは正体を現す。何と彼は人間ではなく、北欧神話の神「トール」だったのだ。「これからも神のために働いてくれるか?」と問われるが、「いいえ」(ゲーム上では「NO」だが、ここではこう書く)と答える。すると襲い掛かってくる。

「トール」は、本来は雷神のはずだがヒロインの「ジオ」(電撃攻撃)が効くので、これで動きを止めれば何も出来ずにあっさり倒せる。トールを倒すと、突如「ミサイル発射のカウントダウン」が始まる。ここはどこにも逃げようが無いので、大使館で待つ。カウントが0になると、ヒロインが「このままでは二人とも死んでしまう、せめてあなただけでも生き延びて!」などと言い、「トラポート」を唱える…。

すると主人公は光に包まれ、どこかへと飛ばされてしまう。

気が付くと、主人公は謎のエリアに居る。ヒロインは居ない。仲魔にした悪魔たちとも、はぐれてしまったようだ。ここで、「役小角」(えんのおづの)という人物と出会う。役小角とは、実在の呪術者のことであるが、様々な「伝承・伝説」(多くは創作と思われる)があり、このゲームでもその「伝承・伝説」を元にしていると考えられる。

役小角によると、ここは「金剛神界」(こんごうしんかい)という場所であり、人間界とは異なるようだ。カオスヒーロー、ロウヒーローもここに来ていると言うので、捜しに行く。ここに居る「前鬼」と話すとセーブ、「後鬼」と話すと回復(無料)が出来るようになっている。この世界での回復はタダなので、経験値稼ぎには便利である。また、何故かここにも「邪教の館」が存在する。

カオスヒーロー、ロウヒーローを捜して再び仲間にし、はぐれていた仲魔も捜し出す。スーファミ版では、仲魔と再会した時のセリフは一種類だけだったが、GBA版だと「女性悪魔」と「男性悪魔」とではセリフが異なる。

もう一度役小角に会うと、「今の東京は荒れ果てている。それでも帰りたいと言うなら、『ソーマ』を持ってきて欲しい」などと言われるので、探しに行くことに。さっきは閉ざされていた「南の扉」が開くようになっていた。その先で、「ソーマ」の湧く泉を見つけ、「ソーマ」を入手。これを役小角に渡すと、もう一つ欲しいと言われる。また取りに行って渡すと、それはお前たちにやると言われたので「ソーマ」(回復アイテム)を一つ入手。

そして、役小角は「お前(主人公)一人で、武器を持っている『二人の怪人』に会って来い」などと言い、カオスヒーローとロウヒーローが一旦外れる。ここからしばらくは、主人公と仲魔だけで進めなければならない。この状態でも、一度に召喚できる仲魔は三体までである…。

今回はニュートラルになっているので(トールを倒した時点で属性はニュートラルに変化している)、「赤怪人」「青怪人」の両方を倒さねばならなくなる(ロウ、カオスの場合はどちらか一方とだけ戦う)。「赤怪人」戦では危うく倒れるところだったが、「ラクカジャ」(防御力を上げる魔法)を持つ「アプサラス」(属性・ロウ)のお陰で辛くも勝利し、「光の小太刀」を入手。これはロウ属性でないと装備できないので、ロウヒーローのためにとっておく。

一旦回復してセーブし、今度は青怪人を捜す。これも倒し、「ギロチンアクス」を入手。何だか怖ろしい名前の武器だ…。これはカオス属性でないと装備できないもの。カオスヒーローのためにとっておこう。

役小角と会う。ロウヒーローは「無事で何よりです」、カオスヒーローは「遅かったじゃないか」などと言い、二人がまた仲間になる。役小角は「三日月の小太刀」をくれる。これはニュートラル属性の者しか装備できない武器である。

さらに役小角は「もう外に出ても良い、西の扉を開けておいた」と言う。ここで出ようとすると、ボス戦になるのは知っているので、その前に準備を整えよう。

まず、貰った三つの武器をそれぞれに与える。つまり主人公は「三日月の小太刀」、カオスヒーローは「ギロチンアクス」、ロウヒーローは「光の小太刀」。それから、悪魔合体で何体かの悪魔を造ってみる。今回は「タルカジャ」(攻撃力を上げる魔法)を持つ悪魔が必要と考えて、「モムノフ」(属性・カオス)を造る。余談だが「モノノフ」の語源がこの「モムノフ」らしい。「モノノフ」と聞くと、今では「ももいろクローバーZ」のファンのことしか思い浮かばない…。

それはさておき、「アプサラス」と「モムノフ」を召喚し(ニュートラルの強みで、属性の異なる二体を同時に呼び出せる)、西の扉へ向かうと、前鬼・後鬼が現れ「ここから出たければ俺たちを倒せ」などと言って襲い掛かってくる。

ここではロウヒーローが倒されたが(戦闘後には自動的に復活していたが、前鬼・後鬼を倒した時の経験値がロウヒーローに入らなかったのが惜しまれる)、何とか前鬼・後鬼を倒す。そして役小角が現れ、「地上がどうなっていようが驚くなよ」などと言う。彼と別れ、地上へと向かうと、そこは…!?

今回はここまでとしよう。次回はまたいずれ。

 


女神転生ランキング