ろーだいありー

ゲームレビュー・ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、本の紹介、音楽レビュー、写真、映画評など。

さらに『「歴史認識」とは何か』をレビューする

前に書いた記事。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

『「歴史認識」とは何か 対立の構図を超えて』(大沼保昭著 聞き手・江川紹子/中公新書)のレビュー(主に「慰安婦」のページについて)を続けてみよう。なお、大沼氏は2018年に逝去されている。

大沼氏は言う。

そもそも、慰安婦問題を先入観なしに考えたとき、「法的責任を問う」ことが最善の方法なのか、私は疑問に思います。(後略)*1 

この文はいろいろおかしいと思う。まず「先入観なしに考えたとき」とあるが、そもそもこの大沼氏は日本軍「慰安婦」問題について「"女性のためのアジア平和国民基金"(以下「国民基金」)を受け付けない韓国が悪い、日本は努力したのに…」などという先入観を持っているのに、「先入観なし」とは全く言えないだろう。また、「法的責任を問うことが最善なのか疑問」と思うのは個人の自由として、これを韓国社会・韓国人など(及び寄付を募る対象の日本人)が受け入れるとはあまり思えないのである。大沼氏の考えを他人・他国に押し付けることなどできない。

韓国社会や、韓国人の被害女性(他の国の被害女性でも同じ)に対して、大沼氏は「日本に「慰安婦」問題の法的責任を問うことが最善の方法なのか、私は疑問に思う、だから日本の法的責任は問わない償い金と首相(靖国参拝する首相も含まれる)のお詫びの手紙で我慢してね!」と、面と向かって言えるのか? 実際にそんなことしたら、石を投げられる恐れがあると思うけど。

大沼氏は東京大学の法学部卒業だそうだが、この「法学部卒業で、法の研究家」(いわば「法のエリート」)であることが、かえって韓国及び日本の一般社会・一般人との亀裂を生む原因ではなかろうか、と気付いた。そもそも「法の研究をしている一般人は、韓国でも日本でもそう多くはない(法学部の学生・弁護士・法学部の教授・法律家などは法に詳しいだろうけど)」のが現実だというのに、法の研究家である大沼氏が「日本軍「慰安婦」問題で、日本国家に法的責任を問うことが最善の方法なのか、私は疑問です」と言ったところで、ほとんどの人には難しくて理解できないし、人によっては猛反発するだろう。そこに気付いていないらしいところは非常に問題である。

さらにこれは根本的なことなのだが、日本軍「慰安婦」制度とは「かつての日本がやった組織的犯罪」なのだから、「法的責任を問うのが最善か疑問」というのは要するに「日本の組織的犯罪に対して、法的責任を問うことを諦めろ」と言っているのと同じことではないか。これはつまり、例えるなら振り込め詐欺グループに対して「こいつらに対して法的責任を問うのが最善か疑問」と言うようなものである。「最善か疑問」以前の問題であろう。大沼氏は、国家の犯罪隠蔽に荷担しろとでも言いたいのだろうか(というか、「国民基金」に関わった彼は既に加担したとも言えるが)。法のエリートである彼に、「日本で、振り込め詐欺グループや強盗グループが捕まったらどうするのか?」と問うてみれば、「組織的犯罪をした彼らに法的責任を問うのは当然」と言うのだろうが、さらに「では、日本軍『慰安婦』制度を作った日本国家に対してはどうするのか?」と問うた時、「日本国家に法的責任を問うのが最善か疑問」と言ったとしたら、単なるダブルスタンダードであろう。

参考・引用文献

  • 『「歴史認識」とは何か 対立の構図を超えて』(大沼保昭著 聞き手・江川紹子/中公新書)
  • 『「慰安婦」バッシングを越えて 「河野談話」と日本の責任』(「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター編/大月書店)
  • 『アジアの声・第11集 私は「慰安婦」ではない 日本の侵略と性奴隷』(戦争犠牲者を心に刻む会編/東方出版)
  • 『「慰安婦」問題とは何だったのか メディア・NGO・政府の功罪』(大沼保昭著/中公新書)

*1:『「歴史認識」とは何か 対立の構図を超えて』(大沼保昭著 聞き手・江川紹子/中公新書)138ページ