ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

『シャイニングフォース』のメガドラ版とGBA版を同時にやったわけだが…

この前の記事。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

おさらいすると、『シャイニングフォース・神々の遺産』(セガのメガドライブソフト。以下『神々の遺産』)のWii版(バーチャルコンソールでかつて配信されていた)と、それのリメイク版である『シャイニングフォース・黒き竜の復活』(セガのゲームボーイアドバンスソフト。以下『黒き竜』)を同時進行でプレイしてクリアしたという話。

今回は、二本クリア後の簡単な感想を書いておく。いずれは「『黒き竜』の問題点」シリーズでも書くであろうが。

とりあえず、『黒き竜』を『神々の遺産』のリメイクとして認めるのは、私のプライドが決して許さない、ということは、この際だからはっきりと言っておこう。

では、『神々の遺産』のことは無視して『黒き竜』単独で見た場合はどうなのか、ということも一応書いておこう。はっきり言えば、残念ながら同ジャンルの名作『タクティクスオウガ』、『ファイアーエムブレム』シリーズ(特に同じGBAで発売されたもの)と比較すると、かなり見劣りするのは否めない。ゲームバランスを崩壊させる要素が多かったり、システム面での不備も多く存在するためである(実は『神々の遺産』の方がシステム的に優れている点も散見される)。他社作品と比較するなと言われても無理だ。

また、とりあえず『黒き竜』で変更されてしまった設定・シナリオ・セリフなどは無視して、私の脳内では『神々の遺産』とまったく同じ設定・シナリオ・セリフであると考えたとする。そうして見た場合、『黒き竜』はプレイしていて楽しいのか、と問われると、これも残念だが「否」としか言えない。『神々の遺産』とは見た目や雰囲気自体も違うのだし、『神々の遺産』の方がプレイしていて快適だった部分もあるので、どうしてもそうなってしまう。

特に、ラストバトルの盛り上がりに関しては、明らかに『神々の遺産』の方が上であり、『黒き竜』はほとんど緊張感がないと感じた(『黒き竜』はユニットが強くなりすぎる傾向にあり、全体的に「ヌルゲー」化しているのも原因の一つだろう)。ラストバトルのテーマ曲にしても、だいたい同じ曲なのだが、『神々の遺産』の方が明らかに良い曲だと思う(音質・音色が良かった)。さらに、『神々の遺産』に限り「ある条件でラスボス・ダークドラゴンを倒すと見られる特別なアニメーション」が存在しており、「これを絶対に見たい!」と思うと俄然燃えるのだが、『黒き竜』では実は…(詳しくはまたいつか)、というのもあるので。