ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

「安楽死・尊厳死議論」についてもう少し書く

最近の記事二つ。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

lucyukan.hatenablog.com

 

この中で「安楽死・尊厳死」について書いたが、もう少し書いておこう。

基本的に「安楽死・尊厳死の法制化に賛成か反対か」についてはここでは表明しない。ただし、この問題をタブー視してはいけない、と言っておく。そして私の感覚では、「反対派の意見はどうも胡散臭いものも多い」と思っている。無論、反対派も意見は好きなだけ言えば良いが、賛成派の意見を潰しにかかるのだけは止めた方が良い。

反対派の意見で多いと思うのは、「安楽死・尊厳死を望む人がほとんど居なくなるような社会を作るべきだ」というものである。しかしこれについては、はっきり言っておくが「この先、日本がそんな『ユートピア』になるとは到底思えない」。

それにはいろいろ理由があるが、理由の一つは「この先、医学や科学はもっと進歩するだろう。だが反面、医学や科学が進歩すればするほど、『平均寿命が伸びすぎて、望まないのに長生きさせられてしまう人』は増え、結果的に『私は長生きしすぎた。早く死なせてくれ』と思う人も増えるだろう」から。「長生き=幸せ」とは必ずしも言えない。『長生き地獄』(松原淳子著/SB新書)という本もあるように。

それと、どんなに科学や医学が進歩したとしても、「全ての人が健康に生きられる時代」も、「どんなに治療困難な病でも、必ず治せる時代」も、「たとえ治せなくても、全ての病気・怪我の苦痛を取り除ける時代」も来ないだろう。なぜなら、ひとつの病気を科学や医学の力で「撲滅した」としても、その「代償」のようにまた新たな病気が発生する可能性は高く、その治療法・苦痛を取り除く方法を確立するまでには長い時間を要する…、その間にまた新たな病気が発生して…、ということは、ずっと繰り返されてきたこと…。

そもそも「誰も安楽死・尊厳死など望まない世界」とは、「国民全体の平均寿命が短く、『早く死にたい』と考える人がほとんど居ない社会(「死にたい」と考え出す前に寿命が来てしまう)」でしかありえないのではないか、と考えている。日本は真逆で、既に超高齢化社会になってしまっており、この先さらに平均寿命は延びる可能性がある。本気で「誰も安楽死を望まない社会」にするなら、国民全員が「長生きを止める」(平均寿命をものすごく縮める)しか無くなってしまうのだが、そんなことは出来ないだろう…。

 

参考文献

  • 安楽死で死なせて下さい(橋田壽賀子著/文春新書)
  • 長生き地獄(松原淳子著/SB新書)

 

↓クリックしてね!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村