ろーだいありー

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察記事、ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評、社会問題批評など。

まず「女性と子どもを守れ」と言いたいだけなのに…

先ほどの記事。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

さらにTwitterを観察すると、反差別・左翼・リベラル派にも結構ろくでもない人が一部居るが、「フェミニスト」、「ジェンダーフリー論者」とか名乗っている人でも、実はろくでもない人が一部居る、ということも分かってきた…。具体的に誰とは言わないが…。

特に「トランスジェンダー」関連、「ロリコン・ショタコン・ペドフィリア」関連については、正直見ていて呆れる人も多い。

「トランスジェンダー」については、これからもっと勉強したいが、私の持論としては「女湯などの女性専用のプライベートな場所に、『男の体』を持つ人は入るべきではない(自称「心は女」だとしても)。女性を性犯罪から守ることを最優先しなければならない」なのだが、この考え方を「差別」と見なす人も居る、ということは初めて知った…。そういう人から見ると、私は「差別主義者」なのだね? 私は韓国人や中国人などを差別するネット右翼が大嫌いなのに…。

ロリ・ショタ・ペドにしても、私の考えでは「『子どもの権利条約』を守ることがもっとも大事(日本は批准しているのにあまり守られていない…)。とにかく、子どもたちを大人による性犯罪から守らないといけない。ロリ・ショタ・ペドの権利云々とか言うな」。しかし、一見すると「人権派」と思われる人の中には「ロリ・ショタ・ペドを差別するな」みたいなことを言う人も一部に居るようだ、と知るとかなり衝撃的だ…。なぜ子供の安全よりそっちを優先しようとする…? 私には全く理解出来ないのだが…。