ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

何度でも言うが「女性と子どもを守るのが最優先」であるべきだ…

個人的な話だが、最近パソコンのcookieがなぜか一部消滅していて、保存していた「にほんブログ村」のパスワードが消えてしまったため、「にほんブログ村」にログイン出来ない…。メモしておいたパスワードが見つかるまでは「にほんブログ村」のバナーは貼れそうもないので諦めるか…。まあ見つかればまたログインするけど。

 

さて、昨日は本当に最悪だった…。昨日の記事二つを参照。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

 

lucyukan.hatenablog.com

 

Twitterを外から傍観していた時(もう登録したくないので見ているだけ)、ある左派知識人の暴言を見てしまったことと(以前も見たが)、一部の左翼・反差別・リベラル派・自称フェミニスト・自称ジェンダーフリー論者の逸脱ぶりが目に余った…、という話。もう少し深掘りしよう。

いちばん気になったのは、「トランスジェンダー女性を差別するな」と言っている人たちの逸脱ぶり、他人への暴言や、私にとっては信じられないような発言である。私も「トランスジェンダー」関連はこれから勉強しようと思うが、とりあえず「トランスジェンダー女性」とは「体は男だが、自分では女と思っている」人のこと、という理解でいいかと。

一部のフェミニストやジェンダーフリー論者や活動家は、「体は男でも、心は女なら女湯・女子トイレ・女子更衣室・女子専用スペースを使えるようにすべきだ」などと言っているようだ…。これはもう、私からすれば「とんでもないこと」としか思わない(多くの女性はそう思うだろう)。そりゃ当然じゃないか…、大人の女性・少女・女児は「変質者の男による性犯罪に遭いやすい」のが現実なのに(だからトイレなどは男女別になっていることが多いのだ)、そんなことになったら、さらに女性が性犯罪に遭うリスクを高めることにしかならないだろう。だって、いくら「私は男の体だけど、心は女です」と自称したところで、「もしや変態・性犯罪者・痴漢・強姦魔なのでは…? 私たちを騙して安心させて、犯罪に及ぶつもりか?」と女性から警戒されるのは当然のことだ。女性たちは常に「男による性犯罪」に警戒しているのだから。

そういえば、ずっと前に「ジェンダーフリーバッシング」が起きた時、バッシング派は「ジェンダーフリーが行き過ぎると、トイレ・銭湯・温泉・更衣室まで男女共用になる」なんて的外れな言いがかりを付けて「ジェンダーフリー」を批判していたが、そのバッシング派が言っていたことを「一部のフェミニスト・ジェンダーフリー論者」自らがやってしまおうとしているなんて、呆れて物も言えない…。これでは「ジェンダーフリーバッシング派」の言っていた「予言」が正しかったことになってしまう…。

「トランスジェンダー」の人権を守るのも大事であるが(誰でも使えるトイレを増やすとか色々方法はある)、「この世界に大勢いる女性と子どもの人権・安全・安心」を守ることの方を最優先に考えるべきだと私は思う。それを「トランスジェンダー差別だ」と糾弾する一部の「自称・反差別のTwitter民」には不信感しかない。それこそ私が嫌いな「某・暴力的な反差別団体」と同じことをやっている。

もう一つ言うと、「ロリコン・ショタコン・ペドフィリアを差別するな」という言説も、オタク層に限らず一部の知識人等からも出ているように思われるが、これもどうも違和感と嫌悪感が…。彼らが「特別な人」と言うわけでもなく、全てが性犯罪に走るわけではないのは分かるが、「俺はロリコンだから」などと堂々と公言する人を見たら、少年・少女や子どもを持つ親などが警戒して、その人から遠ざかってしまうのは当然じゃないのか、と思う。子どもを狙った性犯罪は後を絶たないし、児童ポルノ摘発も多いし。その手の人の権利云々よりまず「子どもの権利条約を守り、子どもたちの安心と安全を確保すること」を優先すべき、というのが私の考えなので。これははっきり言っておく。「ロリ・ショタ・ペド差別だ」とか言われようが構わない。