ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

祝!『フェーダ』発売26周年!

「ゲームドライブ」より。

 

gamedrive.jp

 

『真・女神転生if…』(アトラス。スーパーファミコン)についてはサブブログで書いたので、ここでは同日発売だった『フェーダ~エンブレム・オブ・ジャスティス~』(やのまん。スーパーファミコン。以下『フェーダ』)について。

これは『シャイニングフォース』関連記事で何度か取り上げているが、『シャイニングフォース・神々の遺産』(セガのメガドライブソフト。以下『神々の遺産』)のスタッフの一部が作ったシミュレーションRPGである。システム的にも『シャイニングフォース』シリーズとよく似ているし、キャラクターも『神々の遺産』を思わせる者が多い。ケンタウロス型のユニットも出てくるが、ここでは「セントール」と呼ばれる。世界観も似ているが、いかにも『ドラゴンクエスト』(スクウェア・エニックス)的な『神々の遺産』と比べ、『フェーダ』の方がより硬派でミリタリー的な印象。

私の見立てでは、『フェーダ』は実は『神々の遺産』とどこかで繋がっていて、『神々の遺産』よりかなり未来の話で、ずっと戦争が続いている世界、と思っている。主人公・ブライアン(種族・ヒューマン)は『神々の遺産』の主人公の子孫のように見えるし、相棒・アイン(種族・ウルフリング)は『神々の遺産』のザッパの子孫かも知れない。さらに初期から居る仲間の女性・ドーラ(種族・フォックスリング)は、『神々の遺産』のアレフの子孫か? ただしアレフは魔道士だったが、ドーラはアーチャーである。

ゲームそのものは面白かった…。しかし、発売元のやのまんはゲーム事業から撤退、開発元も解散したと言われており、今では配信・移植・リメイクは絶望的なのが非常に惜しまれる。またプレイしてみたいものだが。かつてセガサターンでリメイクされたが、あちらは音声とアニメが導入されている。続編はプレイステーションで出ているが、シリーズ三作全てが違う機種の発売というのも珍しいのでは…。

 

↓クリックしてね!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村