ろーだいありー

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察記事、ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評、社会問題批評など。

『タクティクスオウガ』似のゲームが少し気になっている…

ファミ通.comより。

 

www.famitsu.com

 

『フェルシール:アービターズマーク』(DMM GAMES。Nintendo Switch他。以下『フェルシール』)というシミュレーションRPG(いわゆる洋ゲー)のことだが、ちょっとだけこれが気になってしまった。プレイするかどうかは未定だが…。

というのも、つい最近まで『タクティクスオウガ』(クエスト。スーパーファミコン)の3DS配信版(配信元はスクウェア・エニックス)をプレイしていて、クリアも達成したためだろう。『フェルシール』の動画などを見ると「これって明らかに『タクティクスオウガ』と『ファイナルファンタジータクティクス』(スクウェア[現スクウェア・エニックス]。プレイステーション。以下『FFT』)の影響下で作られたのだろう…」とすぐに分かってしまう。実際、製作者もそれらを意識して作っている、と聞いている。『タクティクスオウガ』と『FFT』から影響を受けたゲームは日本ではたくさん出ているが、洋ゲーでもあるのか…。

しかし、正直なところ『タクティクスオウガ』があまりにも面白かったので、「似たようなゲームをやっても多分満足出来ないのでは…」とも思うので、今のところ『フェルシール』を買う気にはならないけど…。『タクティクスオウガ』のプレイ記録はそのうちこちらで書きたいと思う。前作の『伝説のオウガバトル』(クエスト。スーパーファミコン)の配信版(配信元はスクウェア・エニックス)もクリアしたので、こちらもいずれ書こう。

もうひとつの『FFT』も、だいぶ前にクリアしたことはあるが、こちらは今更再プレイする気にはならないんだなあ…(PSPのリメイクも含めて)。システムは『タクティクスオウガ』似だが(やたらと生々しくて暗いシナリオもそうだが…)、『FFT』の方がゲームバランス的にはやや辛いような気がする。中盤で、何も知らないと大抵は行き詰るバトルがあるためだろうか。