ろーだいありー

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察記事、ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評、社会問題批評など。

もしもだが、『シャイニングフォース』モバイルゲーム版に「軍師・ダークソル」が出てきたりしたらどうしよう…。絶対に彼のイメージを損なうようなことだけはするなよ! それとついでに『真・女神転生V』の話も…

先日の記事二つ。

lucyukan.hatenablog.com

lucyukan.hatenablog.com

たまたまスマニューのゲームニュースを見て知ったのだが、セガの『シャイニングフォース』のライセンスを他社が買って『シャイニングフォース』のモバイルゲームを作るという話を元にして書いた。私は全く期待しないね! 『シャイニングフォース・黒き竜の復活』(ゲームボーイアドバンス。以下『黒き竜』)のトラウマがどうしても癒えないからだ!

こちらを参照。

lucyukan.hatenablog.com

それでひとつ気がかりなことは、『シャイニングフォース・神々の遺産』(『黒き竜』のオリジナル。メガドライブ)で私がいちばん気に入っている悪役キャラクター・軍師ダークソルがモバイル版に出てきたりしないだろうか…、ってことだ。まあ私はソシャゲなんかやるわけないから関係無いのだが、とりあえずセガとそのモバイル版『シャイニングフォース』開発会社に言っておきたいのは「ダークソルは悪役であるが、非常に魅力のあるキャラクターなので、そのイメージを壊すようなことは絶対にするなよ!」ということだけだよ…。『黒き竜』ではあまりにも彼のイメージを壊し過ぎたからダメなんだよ…。

こちらも貼っておこう。AUTOMATONと4Gamerより。コメントも付けた。

『シャイニング・フォース〜光と闇の英雄〜(仮)』モバイル向けに発表。『キンスレ』開発元がセガからライセンスを受けて手がける | AUTOMATON

また『サクラ革命』の如く即爆死しそうだ(笑)。頼むから『シャイニングフォース・黒き竜の復活』のようなダメなリメイクは出すなよ!

2021/08/10 22:00

「シャイニング・フォース」がモバイルゲームに。2022年上半期にグローバルでのサービス開始を予定

うわあ…。今のセガには期待出来ない! シャイニングモバイルはやりたくねぇ…。頼むから『黒き竜の復活』みたいなリメイクは二度と出すなよ! 私は軍師ダークソルが好きだからこそこう言うんだよ!

2021/08/10 17:03

それと昨日またも非常に驚いたことがあったので、サブブログで急遽二つ記事を書いたのだが、ついでなのでこちらでも書いておく。今回もまたスマニュー案件だった(笑)。

こちらを参照。

kirishimaloda6915.hatenablog.com

kirishimaloda6915.hatenablog.com

たまたまスマニューのゲームニュースを見ていたら、十一月発売予定の『真・女神転生V』(Nintendo Switch)に『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs. the Soulless Army)』(プレイステーション2)と続編の主人公・ライドウと似た軍人のようなキャラクターが出てくることを知ってしまったので、それを元にして書いた。あれは多分、十四代目ライドウでは無いと予測しているけど(もしもライドウと名乗ってても、どこか別次元に居る別人だろうと思う)。アトラスが公式で公開しているYouTube動画最新版に出てくる。せっかくなので動画にも色々コメントしておいたけど(笑)。でも、『真・女神転生V』の動画に付いてるコメントって外国人のもの(英語)が多いのが気になるなぁ。もう『メガテン』は外国人しか注目してないのか? 日本ではあまり注目されなくなったのか? そりゃ『ペルソナ』に人気を取られてしまったからなぁ…。

上記記事でも書いたように、「これは、また『ライドウ(Raidou)』シリーズを復活させようとする計画の一環」なのか、それとも「ライドウはもう出せないから、『真・女神転生V』にライドウと似た人物を出すので我慢してね、というメッセージ」のどちらかなんだろう…、と考えたのだが、嫌なのは前者だ。「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」シリーズとサブブログで何度も言うように、私はライドウは尊いと思うが(ただし十四代目だけだよ!)『ライドウ(Raidou)』シリーズ復活には、どんな形であれ反対している。その理由…、もう「右翼ゲームだから(笑)」(特に初代の方)の一言で大体説明つくんじゃないかな。

いやあ…まったく、上記記事でも書いたが余計な心配事を増やすなよ! セガとアトラスめ(笑)! 今は『シャイニング』の件と『真・女神転生V』の両方の件で非常に動揺している…。少し前までは「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」第十二回目は、遅くとも『真・女神転生V』が出る十一月十一日より前には公開したいと思っていたが、今回の件を鑑みると出来るだけ早く公開した方がいいな…、と思うようになった。