「るー」のdiary

ゲーム(古めのもの)レビュー、ブックレビュー、映画レビュー、自作イラスト、写真、日常など。

シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第三回目

 

f:id:lucyukan:20171231114849j:plain

(※画像はイメージです)

シリーズ「超國家機関ヤタガラス」はなぜ怖ろしいのか?

・第三回目「『第七話・呪われた探偵』というシナリオの怖ろしさを検証する(其の弐)」

 はじめに

このシリーズ記事は、デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(以下『超力兵団』。「プレイステーション2」専用ゲームソフトとして2006年に「アトラス」社より発売されたもの。現在は絶版)に登場する、「超國家機関ヤタガラス」(以下「ヤタガラス」)という架空の組織を「徹底的に批判するため」と、「このゲームシリーズはもう封印作品とすべきである」ということを訴えるために書くものである。

なぜ、このようなことを訴えるのか、ということについては、この記事を読み進めれば分かるだろう。

なおこの記事には、ゲームの「ネタバレ」も多く含む点には注意されたい。

また、このゲームをプレイされたことが無い方には理解できないであろうことは、お断りしておく。

私のTwitterでの発言も再録している部分がある。

 前回までのおさらい・ゲームの概要

『超力兵団』は、『女神転生』という「悪魔(敵モンスター)を仲魔(味方)として戦わせたり、『悪魔合体』という独自のシステムを持つRPGシリーズ」をベースとした作品である。

ジャンルはRPGだが、戦闘シーンはアクション要素がある、という点は他の『女神転生』には見られない、独自のものである。

対象年齢は15歳以上(廉価版は「C」区分だが、内容は同じ)。15歳未満でも購入は可能。

「暴力シーンやグロテスクな表現を含む」の注意喚起あり(主に戦闘シーンの流血描写についてのこと。苦手な方はご注意)。

1931年「架空の日本(「大日本帝国」)」を舞台とするが、年号が「大正20年」という、ありえないものになっている(現実だと「昭和6年」)。そして、シナリオの主な舞台となるのは「帝都(東京)」である。

主人公は「葛葉ライドウ」という少年。表向きは学生で、「探偵助手」もしているが、正体は「『ヤタガラス』配下のデビルサマナー(「悪魔召喚師」)」なのである。

なお、「ライドウ」というのは通称で、「本名」はプレイヤー自身で入力する。

全十二話のうち、前回までは第七話まで大雑把に紹介したが、おさらいするとこんな話である。

 

1931年の帝都(東京)。

ライドウは、ヤタガラス配下のデビルサマナーであり、「帝都を守護する」という使命を与えられているのだが、ある日「大道寺伽耶(だいどうじ・かや)」という令嬢が行方不明になる事件に遭遇する。

この事件を追ううち、これは「帝都の破壊を目論む勢力による事件」であることが判明する。

ライドウは、この勢力と戦うことになるのだが…。

そして、第七話では「ヤタガラスの命令で、『敵に呪いをかけられて、身動きが取れなくなった、ある重要人物』を救うために戦う」ことになるのだった…。

 「ヤタガラス」とは何か?

では「ヤタガラス」とは? ということは前回も触れたが、もう一度書くと「古くから背後で日本を『不思議な力によって』守護・支配する、謎に満ちた組織」であるという。多くの「デビルサマナー」たちを配下に置いているのだとか(ちなみに「デビルサマナー(悪魔召喚師)」とは、「悪魔を仲魔として共に戦うことができる」職業のこと)。

 しかし、あえて断言すれば、「ヤタガラス」のモデルは国家神道である。

なぜかというのは、この先で明かそう。

なお、「ヤタガラス八咫烏)」とは本来、神武天皇を導いたとされる、伝説(神話)上の烏(三本足であるという)」のこと。

 第七話はなぜ大問題作なのか?

前回では、「第七話・呪われた探偵」というシナリオは「大問題作である」と説いたが、今回はそれをさらに掘り下げていきたい。

まず、先ほども少し触れたが、この第七話のあらすじはこういうものである。

 

「ヤタガラスの使者」(ヤタガラス配下の女性。シナリオ上何度も会うことになる、ライドウの協力者)が言うには、「海軍の…、いや、日本の未来において重要な御方」が、「敵勢力の『呪い』」にかかってしまったという。

この重要人物を救うために、ライドウが「呪い」をその身に引き受け、術者を倒すようにと命じられる…。

 

これのどこが問題なのかは、前回も書いたように、この「重要人物」というのが実は大正天皇であるということと、「ヤタガラスの命令に逆らうことはできない」という点である。

つまり、天皇を救うために、命がけで戦え」と命じられる話であり、「従わない限りクリアは不可能である」、という二点が大問題なのである。

なぜそれを問題とするのかは、これから詳しく解説していこう。

続きを読む

『シャイニングフォース・黒き竜の復活』の問題点・その1

シャイニングフォース・黒き竜の復活』の問題点とは? その1

これは、以前レビューを書いた、ゲームボーイアドバンスGBA)ソフト『シャイニングフォース・黒き竜の復活』(以下『黒き竜』)の問題点を掘り下げていく連載企画である。基本的には、自分の主観によるものなのでご了承あれ。

 

このゲームは、2004年発売(発売元・セガ)の「シミュレーションRPG」であり、1992年発売のメガドライブ(MD)ソフト『シャイニングフォース・神々の遺産』(以下『神々の遺産』)をリメイクしたもの。ただし、はっきり言えば「一部は進化したが、肝心なところは劣化したリメイク」である(この記事は、『黒き竜』と『神々の遺産』の両方をプレイしたことがある人向けに書いていることをお断りしておく)。

 

『神々の遺産』の良さは、バトルパートの「テンポの良さ」である。

だが、以前のレビューでも書いたが、『黒き竜』ではテンポの悪さが目立つのである。

敵ユニットの思考時間が、オリジナルより長いというのはかなりイラつく。

他には、例えば「ブレイズレベル2」などの「広範囲を攻撃可能な魔法」で、敵を複数攻撃した時の、画面切り替えの遅さなどもある。

 

この差はどこから来るのか。MDとGBAの性能差というのもあるのだろうか。

ただ、似たタイプのゲーム『ファイアーエムブレム』のGBA版(全三作)は、敵の思考時間が妙に早かったのだが、これはどういうことなのだろう。

プログラマーの技術の違いなのか。

 

『神々の遺産』では、1ユニットに持たせられるアイテムは四つまで(武器と消費アイテムなどを含めて)であったが、『黒き竜』では1ユニットあたり八つまで持たせられたり、「アイテムボックス(倉庫)」というシステムが追加されていたりする点などは良いと思う。

ただ、いくらシステム面が改善されているとしても、肝心のバトルパートのテンポが悪いのでは、快適に楽しむのは不可能である。

 

次回は、また別の問題点を指摘したいと思う。

シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第二回目

f:id:lucyukan:20171028121149j:plain

(※画像はイメージです)

 

シリーズ「超國家機関ヤタガラス」はなぜ怖ろしいのか?

・第二回目「『第七話・呪われた探偵』というシナリオの怖ろしさを検証する(其の壱)」

 はじめに

このシリーズ記事は、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』。プレイステーション2のゲームソフト)に登場する、架空の組織「超國家機関ヤタガラス」(以下「ヤタガラス」)を、徹底的に批判するためと、このゲームシリーズは「今の日本ではもう出すべきではない(どんな形であれ)」ということを訴えるために書くものである。

なぜ、このようなことを訴えねばならないのか、については、いずれ明らかにする。

なお記事中、ゲームの「ネタバレ」も多く含まれる点には注意されたい。

また、このゲームをプレイされたことが無い方には、理解できないであろうことはお断りしておく。

私のTwitterでの発言なども加筆修正して、再録している部分もある。 

 前回のおさらい・ゲームの概要

この『超力兵団』は、プレイステーション2で2006年に発売された作品である(現在は絶版)。

女神転生』という、「悪魔(いわゆる「敵モンスター」)」を「仲魔」(このシリーズでは味方にした悪魔をこう呼ぶ)にして戦わせられるシステムを持つRPGシリーズの流れを汲んでいる。

ジャンルはRPGだが、戦闘はアクション要素がある。

対象年齢は15歳以上(後に発売された廉価版では「C」区分となっているが、実質的には同じ)。ただし、15歳未満でも購入は可能。

「暴力・グロテスクな表現を含む」の注意喚起あり(戦闘シーンで流血描写あり。苦手な方はご注意)。

1931年の「架空の日本(東京)」を舞台とするが、年号が「大正20年」という、現実とは違うものになっている点に注目されたい(現実では「昭和6年」)。

主人公は「葛葉ライドウ」という、表向きは学生で、さらに「探偵助手」をしているが、実は「『ヤタガラス』配下のデビルサマナー(「悪魔召喚師」)」である少年。

 「ヤタガラス」とは何か?

前回少し触れたが、このゲームに登場する「ヤタガラス」という組織は、「古くから、日本を背後から不思議な力で支配している組織」であるという。そして「デビルサマナー」たちを束ねる存在であり、「その実態は謎に包まれている」とのこと。

しかし、私はこの組織のモデルは「国家神道」である、と断言する。

なぜそれがわかるのか? ということは、この先で触れよう。

 第壱話~第六話までのあらすじ

 この先では、『超力兵団』のシナリオのうち「第七話・呪われた探偵」について検証していくのだが、第七話に触れる前に「第壱話~第六話」について簡単に説明しておこう。

 

大正20年(1931年)の帝都(東京)。

デビルサマナーのライドウは、ある日「大道寺伽耶」(だいどうじ・かや)という少女が行方不明になる事件に遭遇する。

彼女の行方を追っていくうち、どうやらこの事件は単なる「行方不明事件」ではなく、「帝都を危機に陥れようとする『謎の勢力』」が関わっているものだということに気付く。

ヤタガラス」の配下で、帝都の平和を護る使命を帯びているライドウは、この勢力と戦うことになるのだが…。

この勢力は何者なのか?

 

大雑把に説明すれば、こんな感じだろうか。

では、ここから先は「第七話・呪われた探偵」について詳しく見ていこう。

このシナリオは、「ゲーム史上稀に見る大問題作」(大げさだが…)だと個人的には思っている。

続きを読む

「RPGツクール」(PS2)について

以前「RPGツクール」(PS2)についてレビューしたが、こちらも改めてプレイしてみることにした。

意外と、これ面白いんだなー。ローディング多すぎるのはやはり気になるが。

和風パーツがほとんどないのは難だが(忍者とか侍ぐらいか)、強引に和風の超短編RPGでも作ってみようと思う。

フィールド一つ、街一つ、ダンジョン一つのコンパクトな作り。

イベントもほんの少しだけにしよう。

ボスを倒したらすぐに終わるっていう。

主人公は忍者にしてみる。仲間はモンスター一体だけにする。

ちなみに、本作の文字入力はちょっと特殊な作りなのだが、覚えれば意外と使いやすいのには驚く。予測変換もあるし。

戦闘シーンは、ちょっと地味なのが残念だ…。

グラフィックは割と綺麗なのに。

「サウンドノベルツクール2」について

以前レビューした「サウンドノベルツクール2」(PS)だが、最近またやってみた。

これがねー、面白いわけだ。

文字入力はたいへん手間がかかるが、それでも楽しい。

以前、短編小説のようなものを作って完成させたのを、改めて見てみたら、何か面白かったりする。

これは、「RPGツクールDS」(ニンテンドーDS)で制作したRPGの「前章」として作ったものだった。

今はまた違う作品を作っている。