ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第十回目

f:id:lucyukan:20201025214617j:plain

(※画像はイメージです)

 

シリーズ 「超國家機関ヤタガラス」はなぜ怖ろしいのか?

・第十回目「この世界の未来が『真・女神転生』に繋がるとは到底思えない」

  • はじめに
  • 前回のおさらい
  • 今回のテーマ
  • 『真・女神転生』のあらすじ
  • 『真・女神転生II』のあらすじ
  • 未来の年表
  • この世界の未来が『真・女神転生』とは繋がらないと考える証拠
  • 『真・女神転生デビルサマナー』とは?
  • 『デビルサマナー』は『真・女神転生』のパラレルワールドである証拠
  • 「星のお告げが聞こえる」宿無しオヤジの方が正しい未来を言っているのでは?
  • ヤタガラスがメシア教になる?
  • メシア教とは?
  • ガイア教とは?
  • ヤタガラスとは?(おさらい)
  • ヤタガラスがメシア教になる可能性は無いと思う
  • 伽耶に憑きし者=テンプルナイトはあり得ない…
  • TOKYOミレニアムで「襲名の儀式」なんて行われないのでは…?
  • 独自論1・この世界の本当の未来
  • 独自論2・ライドウとゴウト、そして鳴海の正体
  • 独自論3・伽耶に憑きし者の正体
  • 独自論4・本来の年表
  • なぜこの独自論を考え付いたか?
  • 葛葉の者はどこへ行ったのか?
  • なぜ『真・女神転生』と繋げようとしたのか?
  • 設定資料集に書いてある開発者コメントについて一言
  • 理想的なエンディングを描写してみる
  • ラスプーチンについて
  • まとめ
  • おわりに
  • 参照ゲームソフト・主要参考文献

はじめに

※このブログは、『女神転生(メガテン)』ファンの個人による非営利ブログであり、発売元のゲームメーカー様とは一切関わりありません。予めご了承ください。

※この記事は2020年11月12日に加筆・修正・訂正済み。

 

このシリーズ記事は、アトラス社が2006年にプレイステーション2専用ソフトとして発売したRPG『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(以下『超力兵団』。『メガテン』シリーズの一種。現在は絶版)に登場する架空組織「超國家機関ヤタガラス」(以下「ヤタガラス」。極右思想・天皇崇拝思想を持つ)を徹底的に批判すること、『超力兵団』の問題点を暴き出すこと、この『葛葉ライドウ』シリーズは一切封印すべきである(特に『超力兵団』に関して)と訴えることを目的としたものである。なぜこのシリーズ記事を書くのかと、このゲームの概要については、前回までの記事を参照のこと。前回記事はこちら。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

第一回目~第八回目まではこちらのリンク集からどうぞ。

 

lucyukan.hatenablog.com

 

この記事は、「日本の右派による歴史修正(改竄)主義に徹底して対抗する」立場、「天皇制は差別制度であり、昭和天皇には戦争責任がある」と考える立場から書いている。
ただし、私はいかなる宗教団体・政治団体・市民活動団体・右翼団体・左翼団体などとは一切関わりを持っていないこともお断りする。

 

この記事にはゲームの「ネタバレ」も多く含むので注意。

また、このゲームをプレイされていない方には理解出来ないであろうことは、お断りしておく。

 

このシリーズ記事で『超力兵団』に関わる事柄は、主にゲームソフト『超力兵団』と、続編の『デビルサマナー葛葉ライドウ体アバドン王』(こちらもPS2専用ゲームソフトで、2008年発売。現在は絶版)、及びこの二作の説明書・各種公式攻略本や、『超力兵団』の公式設定資料集を元に書いたものであり、この二作を題材とするメーカー公認のコミカライズ、ノベライズ、ドラマCDなどは一切参照していないことも予めお断りする。

 

TOPに戻る

前回のおさらい

f:id:lucyukan:20201027203403j:plain

(※画像はブログ執筆者のコレクションより。イメージです)

前回は、『超力兵団』の最終話である第拾弐話(第十二話)、「人の想い 心の絆」をリプレイのような形で収録した。今回は、この記事を元にして第拾弐話をさらに詳しく深掘りしていく。

ここでは第拾弐話のあらすじを紹介する。詳しく知りたければ前回記事を参照。

続きを読む