ろーだいありー

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察記事、ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評、社会問題批評など。

シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第十三回目

(※画像はイメージです)

シリーズ 「超國家機関ヤタガラス」はなぜ怖ろしいのか?

第十三回目「穢れの神ヤソマガツを倒すことの意味と、戦争の描写の問題、その他第拾弐話の問題点」

  • はじめに
  • 今回のテーマ
  • ヤソマガツとは何か?
  • ヤソマガツを倒すことに隠された意味
  • 穢れ思想の肯定に繋がる
  • 戦争の描写の問題・架空戦記ものとの関係
  • その他第拾弐話の問題
  • まとめ
  • おわりに
  • 参照ゲームソフト・主要参考文献

はじめに

※このブログは、『女神転生(メガテン)』ファンの個人による非営利ブログであり、発売元のゲームメーカー様とは一切関わりありません。予めご了承ください。

 

このシリーズ記事は、アトラス社が2006年にプレイステーション2専用ソフトとして発売したRPG『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(以下『超力兵団』。『メガテン』シリーズの一種。現在は絶版)に登場する架空組織「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス。極右思想・天皇崇拝思想を持つ)を徹底的に批判すること、『超力兵団』の問題点を暴き出すこと、この『葛葉ライドウ(Raidou Kuzunoha)』シリーズは一切封印すべきである(特に『超力兵団』に関して)と訴えることを目的としたものである。なぜこのシリーズ記事を書くのかと、このゲームの概要については、前回までの記事を参照のこと。前回記事はこちら。

lucyukan.hatenablog.com

第十一回目、第十回目、第九回目はこちら。

lucyukan.hatenablog.com

lucyukan.hatenablog.com

lucyukan.hatenablog.com

第八回目までの記事はこちらのリンク集からどうぞ。

lucyukan.hatenablog.com

この記事は、「日本の右派による歴史捏造主義に徹底して対抗する」立場、「天皇制は差別制度であり、昭和天皇には戦争責任がある」と考える立場から書いている。

ただし、私はいかなる宗教団体・政治団体・市民活動団体・右翼団体・左翼団体などとは一切関わりを持っていないこともお断りする。また私は、右翼・左翼・極左・極右・保守・リベラルのどれにも属していない。

この記事にはゲームの「ネタバレ」も多く含むので注意。

また、このゲームをプレイされていない方には理解出来ないであろうことは、お断りしておく。

この記事で『超力兵団』に関わる事柄は、主にゲームソフト『超力兵団』と、付属の説明書・公式攻略本・公式設定資料集を元に書いたものであり、この作品を題材とするメーカー公認のコミカライズ、ノベライズ、ドラマCDなどは一切参照していないことも予めお断りする。

TOPに戻る

今回のテーマ

今回のテーマは、引き続き「『超力兵団』の最終話である第拾弐話(第十二話)・『人の想い 心の絆』を読み解く」企画の第四弾として、「穢れの神ヤソマガツを倒すことの意味と、戦争の描写の問題、その他第拾弐話の問題点」とする。第拾弐話について詳しくは第九回目~第十二回目の記事を参照のこと。

TOPに戻る

続きを読む

「デビルバスター★桐嶋ローダ対ヤタガラス」更新のお知らせ(七月二十三日)

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)専門のゲームブログ「悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏」の姉妹ブログである「デビルバスター★桐嶋ローダ対ヤタガラス」(Blogger)の更新情報をお届けする。

lodataiyatagarasu.blogspot.com

七月二十三日更新。『ライブ・ア・ライブ』(スクウェア・エニックス)のリメイク版にもコンプラ的な変更点があるなら、万一『超力兵団(Soulless Army)』がリメイクされるのであれば(されないことを望むが)さらに…、といった話。

夏に観たい作品…

夏に観たいのは戦争映画。『キャタピラー』(若松孝二監督)、『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督)、『ジョニーは戦場へ行った』(トランボ監督)など。

アベ氏が死んだって…? そのせいかACジャパンのCМばかりになって…

あのアベ氏が死んだらしいな…。「憲法改正」、「美しい国」なんて言う右翼で、歴史捏造主義のこいつが死んだところで何とも思わない。

ただ、そのせいか私の好きな番組『小さな村の物語 イタリア』(BS日テレ)のCМがACジャパンのものばかりになってるのは許せん。ACジャパンのCМなんか嫌いなのに!