ろーだいありー

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察記事、ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評、社会問題批評など。

シリーズ記事「『超國家機関ヤタガラス』はなぜ怖ろしいのか?」・第十二回目

f:id:lucyukan:20211105113712j:plain

(※画像はイメージです)

シリーズ 「超國家機関ヤタガラス」はなぜ怖ろしいのか?

第十二回目「『大日本帝国を救う』とは、日本に植民地支配されている韓国と台湾を苦しめることだ」

  • はじめに
  • 今回のテーマ
  • 前回のおさらい
  • 大日本帝国「だけ」を救うとは、どういう意味があるか
  • 当時の日本は韓国と台湾を植民地支配していた…
  • 植民地支配は暴力による支配であり、絶対悪である
  • 『ドラクエ』と『FF』なら世界が救われて不幸になる人は居ないが…
  • 他のRPGで例えると、ライドウは「悪の帝国に仕える悪役」である
  • 『タクティクスオウガ』に例えるとさらに怖ろしいことに…
  • 『Through the Darkest of Times』で例えるとライドウはナチス側なのだ!
  • ヤタガラスと天皇制と大日本帝国を滅ぼすしか無い…
  • ライドウにとってこのゲームのエンディングはバッドエンドである
  • まとめ
  • おわりに
  • 参照ゲームソフト・主要参考文献

はじめに

※このブログは、『女神転生(メガテン)』ファンの個人による非営利ブログであり、発売元のゲームメーカー様とは一切関わりありません。予めご了承ください。

※この記事は2022年3月23日に加筆・修正・訂正済み。

 

このシリーズ記事は、アトラス社が2006年にプレイステーション2専用ソフトとして発売したRPG『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(以下『超力兵団』。『メガテン』シリーズの一種。現在は絶版)に登場する架空組織「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス。極右思想・天皇崇拝思想を持つ)を徹底的に批判すること、『超力兵団』の問題点を暴き出すこと、この『葛葉ライドウ(Raidou Kuzunoha)』シリーズは一切封印すべきである(特に『超力兵団』に関して)と訴えることを目的としたものである。なぜこのシリーズ記事を書くのかと、このゲームの概要については、前回までの記事を参照のこと。前回記事はこちら。

lucyukan.hatenablog.com

第十回目、第九回目はこちら。

lucyukan.hatenablog.com

lucyukan.hatenablog.com

第八回目までの記事はこちらのリンク集からどうぞ。

lucyukan.hatenablog.com

この記事は、「日本の右派による歴史修正(改竄)主義に徹底して対抗する」立場、「天皇制は差別制度であり、昭和天皇には戦争責任がある」と考える立場から書いている。

ただし、私はいかなる宗教団体・政治団体・市民活動団体・右翼団体・左翼団体などとは一切関わりを持っていないこともお断りする。

この記事にはゲームの「ネタバレ」も多く含むので注意。

また、このゲームをプレイされていない方には理解出来ないであろうことは、お断りしておく。

このシリーズ記事で『超力兵団』に関わる事柄は、主にゲームソフト『超力兵団』と、続編の『デビルサマナー葛葉ライドウ体アバドン王(Devil Summoner 2: Raidou Kuzunoha vs. King Abaddon)』(こちらもPS2専用ゲームソフトで、2008年発売。現在は絶版)、及びこの二作の説明書・各種公式攻略本や、『超力兵団』の公式設定資料集を元に書いたものであり、この二作を題材とするメーカー公認のコミカライズ、ノベライズ、ドラマCDなどは一切参照していないことも予めお断りする。

TOPに戻る

今回のテーマ

今回のテーマは、前回、前々回に引き続き「『超力兵団』の最終話である第拾弐話(第十二話)・『人の想い 心の絆』を読み解く」企画の第三弾として、「『大日本帝国を救う』とは、日本に植民地支配されている韓国と台湾を苦しめることだ」とする。第拾弐話について詳しくは第九回目~第十一回目の記事を参照のこと。

TOPに戻る

続きを読む

「デビルバスター★桐嶋ローダ対ヤタガラス」更新のお知らせ(五月十四日)

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)専門のゲームブログ「悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏」の姉妹ブログである「デビルバスター★桐嶋ローダ対ヤタガラス」(Blogger)の更新情報をお届けする。

lodataiyatagarasu.blogspot.com

昨日更新。敵から「お前のやっていることが朝鮮と台湾を苦しめているのだ」と言われて改心すればいいのに…、といった話。

Nintendo Switch Onlineで『シャイニングフォース2・古えの封印』が配信された、だと…?

ファミ通.comより。

www.famitsu.com

Nintendo Switch Onlineの追加パックでメガドライブの『シャイニングフォース2・古えの封印』(セガ。以下『古えの封印』)も配信開始しただと…?

私は以前Wiiのバーチャルコンソールで買ったバージョン(現在は配信終了)の方でプレイしている(元のメガドライブ版は二回クリアしているがWii版は未クリア)。ゲームとしては面白いと言えば面白いのだが…、前作『シャイニングフォース・神々の遺産』(セガ。メガドライブ)ほどのインパクトは無く、キャラクターにもあまり魅力を感じなかったので、それほど思い入れが無い。

改めて『古えの封印』をプレイして気が付いたことがある。前作と比べるとキャラクター同士の掛け合いのセリフが増えているのが分かるが、しかしセリフが長すぎて鬱陶しいと感じた…。これは『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(アトラス。PS2)も同じことだ(こちらはムービー多用がさらに鬱陶しいのだが…)。そうか…。前作の方がいいと思ったのは、こういうことだったか…。前作はキャラ同士の掛け合いは少なく、セリフがシンプルだったのが良かったんだ…。

はてなポイントをまとめて30000ポイント分買えなくなってた…

サブアカウントのはてなブログProの期限が迫っているので、今日コンビニで支払おうと思ったのだが、いつの間にか「一度に買えるポイントが20000ポイントまでに引き下げ」になってた…。以前は30000ポイントまとめて買えたのだが…。

とりあえず今日は20000ポイント買って、また後日10000ポイント買うことにした。それぞれ手数料250円かかるのが面倒くさいなぁ…。

ずいぶん前から将来的にはてなポイント廃止と言ってるが、いつになったら廃止するのか? 廃止しても、はてなブログPro契約にクレカ必須にはしないで欲しい…。クレカ持てないので…。どうせならPayPayで支払えるようにしてくれれば嬉しいのだが!

「光の軍勢・シャイニングフォース対ダークドラゴン」のリンク集

Wii版(現在は配信終了)『シャイニングフォース・神々の遺産』(セガ。オリジナルはメガドライブ)のプレイ記録「光の軍勢・シャイニングフォース対ダークドラゴン」(全十二回)のリンク集。このプレイ記録のタイトルは『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(アトラス。PS2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)のパロディで、各回ごとのタイトルも『超力兵団(Soulless Army)』の全12話タイトルをもじったものにしている。

第一回目「ガーディアナ炎上!」

lucyukan.hatenablog.com

第二回目「リンドリンド失踪事件」

lucyukan.hatenablog.com

第三回目「魔人ダークソル現る」

lucyukan.hatenablog.com

第四回目「不動のレーザーアイの秘密」

lucyukan.hatenablog.com

第五回目「消えたパオトレイン」

lucyukan.hatenablog.com

第六回目「地底(約)300メートルの対決」

lucyukan.hatenablog.com

第七回目「カリンの想い、バリュウの絆」

lucyukan.hatenablog.com

第八回目「弐人の英雄」

lucyukan.hatenablog.com

第九回目「鉄塔の魔人」

lucyukan.hatenablog.com

第十回目「古代への挑戦」

lucyukan.hatenablog.com

第十一回目「呪われた皇帝」

lucyukan.hatenablog.com

第十二回目「ダークドラゴン見参」

lucyukan.hatenablog.com

「デビルバスター★桐嶋ローダ対ヤタガラス」更新のお知らせ(四月二十一日)

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)専門のゲームブログ「悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏」の姉妹ブログである「デビルバスター★桐嶋ローダ対ヤタガラス」(Blogger)の更新情報をお届けする。

lodataiyatagarasu.blogspot.com

二十一日更新。『超力兵団(Soulless Army)』第七話を改めて批判している。

最後の文の引用。

ライドウよ! 私の望みはお前がヤタガラスを裏切り、ヤタガラスの使者も定吉も、葛葉とヤタガラスの関係者も全てやっつけて、葛葉とヤタガラスを崩壊させ、天皇制も大日本帝国も滅ぼしてしまうことだ! お前なら必ずやってくれるだろう! 私の中では彼こそが帝都の破壊者なのだから…! さあ、早く行け!

…これはかなり感情が昂っていた時に書いたものだが、これこそが私が言いたかったこと。