ろーだいありー

ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、『メガテン』考察、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評など。

音楽レビュー 「東京2060」(犬神サアカス團)


音楽評論ランキング

今回は、初の音楽CDレビューを。

アングラヴィジュアル系バンド・犬神サアカス團が、先日9月26日に発売した『東京2060』を取り上げよう。

「2060年の東京」というコンセプトが何とも…。

いくつか気になった曲をレビューしよう。

・「ロックンロールを唄いきれ」

疾走感のある曲で、本作ではいちばん好きかも。

・「奪え!」

「復讐」をテーマとした歌詞。これもかなり好きだ。

・「狂気の恋」

実際にありそうな事件を歌った歌詞が怖い…。部分的にはTHE BLUE HEARTSの「英雄にあこがれて」と似た歌詞がある。

・「月夜に踊れ」

タイトルからしても、人間椅子の「月夜の鬼踊り」(アルバム『異次元からの咆哮』に収録)と似ている。

・「裸の女王様」

イントロが「服部」(ユニコーン。アルバム『服部』に収録)っぽいと思った。タイトルはTHE BLUE HEARTSの「裸の王様」みたいだけど。

・「牢獄」

どこか昭和歌謡っぽい曲。山本リンダの「狙いうち」を思わせる部分もある。

・「化猫遊女」

人間椅子を思わせる曲。

・「おやすみ」

イントロが人間椅子の「秋の夜長のミステリー」(アルバム『未来浪漫派』に収録)を思わせる。