ろーだいありー

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察記事、ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評、社会問題批評など。

トランス差別に反対する人たちこそ「トランスの人の言うことは何でも聞け」と言うトランスカルト(トランスジェンダリズム)信奉者を批判しろ!

そもそもの話だが、「LGBT」とか「LGBTQ」なんて一括りに語りたがる人は信用しなくていい。その内容自体をよく理解しているとは到底言えない人も多いからな。まず「LGB」と「トランスジェンダー」は区別せよ。なお「Q」(クィア)にはロリペドなども含まれるらしい。「ロリペドにも権利を与えよ」なんて意見には絶対に賛同しないし、してはならない。
トランスに限定して言うと、トランス差別に反対するならトランスカルト(トランスジェンダリズム)狂信者には近寄ってはいけない。あいつらは「トランスの人は差別されている可哀そうな人だから、言うことは何でも聞け、わがままは何でも通せ」と言いたがるが、トランスの人を「可哀そうな人」として扱い、徹底的に甘やかしてしまうこと自体が「対等な人間として見ていない」わけだから差別になるし、非常に問題があるとは気づいてない。「わがままな子どもを甘やかして育てたらロクな大人にならない」のは分かり切っているはずなのにな。トランスの人(特に「トランス女性」)のわがままを全て通したら、女性が我慢させられる事態になる(その代わり男はほぼ何の実害も無い。だから男尊左翼はこぞってトランスカルト信者になるのだ)。実際、トランスカルトが支配した国ではそうなっているが、一部の国はもうトランスカルトの洗脳から解かれつつある。日本はトランスカルトに支配される前に引き返すべきだ。