ろーだいありー

ゲームレビュー・考察、本の紹介、音楽レビュー、写真、映画評など。

戦争映画レビュー・2『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督/2015年)

戦争映画レビュー・その2『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督/2015年)

 

戦争映画レビューの二回目。

 

今回は『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督バージョン)。

半藤一利氏のノンフィクションを原作とする。

第二次世界大戦が終わる間際の、「玉音放送」を巡る攻防を描く。

 

決して「天皇賛美」映画でも、「戦争美化」映画でもなく、ただ「事実」を元にして描かれる。

ちなみに昭和天皇役は本木雅弘氏(モックン)。個人的には映画『おくりびと』のイメージが…。

 

また、「戦争中を疑似体験できる映画」とも言えよう。

特に、空襲シーンは怖いと思った(特に劇場で観た時は、迫力があった)。

 

一緒に劇場でこの映画を観た父は、よく「腹切映画」だと言う…。

何故かと思ったら、ぜひ実際に最後まで観て欲しい。