ろーだいありー

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察記事、ゲームレビュー、ゲームプレイ記録、ブックレビュー、音楽レビュー、コレクション写真、映画評、社会問題批評など。

トランスカルト推し=左翼とは限らないが…

 「FRaU」より。

 

gendai.ismedia.jp

 

タイトル通り、ゲイ男性の母親がネット右翼化していた、という話。

この記事で、若干引っ掛かる点をあげておこう。記事より一部引用。

他にも、「LGBT=左翼」といったような内容の動画を家で堂々と観たり、「LGBTには生産性がない」といった寄稿を発表して物議をかもした杉田水脈議員を擁護するような発言をしたり。しまいには、「最近はいきすぎた主張をする人が多い」などと語ってくる母。

この部分。ここではLGBのことはとりあえず置いておくとして、確かに「トランスカルト(トランスジェンダリズムとも言う)」を推すのはリベラル派と左翼が多いと感じるのは分からなくはない。どの国でもそういう傾向はある。日本の場合は立憲民主党、社民党、日本共産党などが当てはまる。ただし右翼でもトランスカルト推しは居るので、この記事に出てくる母親ももしかしたら将来的にはトランスカルト推しに変わるかも知れない。

トランスカルト思想とは、実は「男らしさ・女らしさ」を強化するもので(「男はこういうもの、女はこういうもの」と決めておかないと「トランス」出来ないので)、ジェンダーフリー思想とは相反するものであり、本来なら「反ジェンダーフリー」の右翼と相性がいいものだ。なのに左翼にトランスカルト推しが多いのはなぜか。私が思うに、やはり「反差別」というキーワードに惹かれて、中身を良く見ていないのではないのか? と。

それから何度でも言っておくが、「LGBT」と一括りにすることは間違い。LGBとトランスジェンダーでは直面する問題が異なるため。

LGBについて言うと、日本の場合かつては共産党が同性愛者を迫害していたと言われる。今でこそ変わったけど。ネットで見かけるLGBの人は右翼と保守派が多い印象があるが、そのあたりが原因ではないのか。

もう一つ言うと…。

「最近はいきすぎた主張をする人が多い」

…という部分は、もしかしたら過激なトランスカルト活動家のことを言っているのかも知れない。そうだとすればそれは正しい。なぜなら、トランスカルト活動家は女性の権利を主張することや、女性だけの集まりを作ろうとすることさえ「トランス差別だ」などと言って弾圧しようとする者が多いからだ。

何度でも言うが、「差別反対」を唱える者ほどトランスカルト活動家に近寄ってはならない。